贅沢行脚
数年前、思いつきで贅沢な旅行をした。贅沢っていったいどんなもんだろう、
宝くじにでも当たって湯水のようにお金を流す旅行なのか?と思われるかもしれないけど、
実はお金の贅沢と言うより、気分で贅沢を味わう旅行となった。
思い立ったが吉日…
ちょうどそのころは日豊本線(博多〜小倉〜大分)を走る特急列車、『ソニック』が新型で登場し、TVCMでよく流れていた。室内がカラフルでとても可愛い電車だ。九州(JR)の特急電車って新しくてきれいで、デザインもオシャレだ。『ハウステンボス号』(佐世保線)は赤、黄、緑、青とカラフルな色使いでワクワク気分だし、鹿児島線の『つばめ』、『有明』はグレーでシック。久大線の『由布院の森号』は名前通り、シックなグリーンの車両でギャラリー付だ。長崎本線の列車は今は真っ白の『白いかもめ』だがまだ、そのころはスポーティーな『ハイパーサルーン』だった。ここまでお話すると、何か営業が始まるようだが、別にそう言うわけじゃないので・・・。
とにかく普段、まとまったお休みが無く、連泊で旅行しない私達は、車でばかり出ていたもんだから、電車なんて久々。乗りたいナーと思ってる所に又も、誘惑情報を目にしてしまった。
私が行動せざるを得ないようになったのは『九州グリーン豪遊券』だった。九州全線の特急のグリーン車に3日間乗り放題!?よしっ!一人でプランを練り始めたのは言うまでもない。

まず、誰を誘うか…夫はまず仕事で無理だと思い、両親に言ったら、即OKだった。今回は旅館と列車を楽しむのを中心の親孝行旅行にしよう。高齢者と一緒なのでちょうどいいや。私が行きたい、鹿児島指宿温泉は欠かせない。あとは乗りたい特急、行きたい温泉、で考えよう。運良く、空席空室があればいいなぁ。ちなみにモカ達はパパとお留守番なの。

まず、残念な事に『由布院の森号』に空席がなかった。さすが人気の由布院、それなら別府に変更。
別府は宿泊施設が多くて迷ってしまう。行った事がないところ、露天があるところ、部屋が和洋室と言う条件と空いてるかで探した。父が知覧に行きたいと言うので、指宿コースに組み込める。そして、車でばかり行ってた長崎と目的地を決めた。
別府
佐賀
長崎
指宿
西鹿児島
博多
ほぼ九州1週のコース
鳥栖
 ほとんどこれで九州1周できるコースだ。まず佐賀を出発し、「みどり」で博多まで約40分。大分行きの「ソニック」に乗り換え、グリーン車のゆったりシートに心地よい電車のたびもあっという間に終わってしまう。2時間ちょっとがこんなに短いのかー?別府に泊まり、さぁ明日は指宿だ。

 別府から「にちりんシーガイア」で宮崎へ、そこで「霧島」に乗り換え、西鹿児島へ行く。待ち時間まで含めると6時間ほど掛かるのだ。でも日南の海沿いの景色や霧島の山々を見てると列車の旅も快適だなぁ。
西鹿児島でレンタカーを借りて指宿まで寄り道しながらドライブだ。うふふ・・・今夜は砂蒸し風呂に入るかなぁ。

 西鹿児島まで戻り、「つばめ」で鳥栖(佐賀県)まで行く。つばめレディのおねぇさん達のサービスはスッチー並で快敵。有明海沿いを走る鹿児島線は熊本に入ると天草の島々が見えてとてもきれい。ちゃんとアナウンスもしてくれる。鳥栖で長崎行きの「ハイパーかもめ」に乗り換えて佐賀を通過し
長崎へ…線路の終点だー。

かなり長い時間を電車で過ごしてもグリーン車のシートのためか体の疲れがない。サービスもあるし、雰囲気的にもゆったりしてる。これを3日間乗り放題で2万円ほどだ。普通にチケット買ってもこのコースなら、「グリーン豪遊券」が、贅沢してるようでも結局得してるみたい。

行 程
宿泊
観光
おやど 所在地 コメント
花菱ホテル 別府市 別府駅から歩いて10分位の別府湾側にあるホテル。竹の間と言う和洋室を準備してもらった。とてもいい和風の感じが気に入った。屋上に展望露天風呂があり、朝入るのがお薦め。檜の香りと青空がすごく気持ちよかった。食事はレストランで。豊後牛やお刺身など、和食会席でボリュームもあった部屋からは目の前にヨットハーバーと海、先の方にはお猿さんいっぱいの高崎山も見えた。
指宿白水館 指宿市 ずっと行ってみたかった白水館。ここはお風呂がすごいの。元禄風呂って内湯は多彩で豪華。脱衣所からお風呂場内の階段を降りて行く。また、お風呂の上の橋を渡ると、露天風呂や打たせ湯がある。ここも食事処での食事になるが個室なのでゆっくりできる。部屋からは広ーい敷地の松林と庭園、錦江湾が見渡せる。ここも角部屋の和洋室だった為、快適だった。お薦め!砂蒸しは・・・一度でいいや。
長崎梅松鶴 長崎市 坂の町長崎でも高台にあるのでとにかく良い眺め。夜景なんか素敵よー。細く急な坂を登るので自分で運転したくはないなぁ。タクシーの運転手さんに拍手したい位だった。長崎なので温泉じゃないけど展望露天風呂もある。ここからも夜景がきれいなの。料理は卓袱。ここは部屋食なので、和洋室の畳に円卓があり、色んな料理が並ぶよ。長崎ではちょっとリッチに卓袱をお薦めしたいな。
観光地名 所在地 コメント
地獄めぐり 別府 海、山、血の池、坊主、龍巻、ワニ地獄など回る。海地獄はきれいなブルー、真っ赤な血の池地獄には『血の池軟膏』って薬もある。文句なしに効きそう。龍巻地獄は30分おき位にお湯が噴き上げるよ。坊主地獄は白っぽい泥状の物がポコンポコン沸いてる。ワニ地獄はワニがいるだけ。
明礬温泉 別府 湯の花が製造されてるのを見学できる。濃い硫黄の匂いがするよ。ここは高台になるので景色もいいの。そして何より、ここのお湯は白い濁り湯、おまけに露天があるなら入らない訳にはいかないわ。お土産やさんにある温泉利用したローションはお肌スベスベになるよ。温泉の蒸気で蒸した『プリン』はメチャうまです。
知覧特攻
平和会館
鹿児島 ウルウルしちゃうよ。ママの父上は戦争経験者の為余計に行きたかったみたい。この地から若い(10〜20代前半)特攻隊員が飛び立ったらしい。写真や自筆の手紙が展示されてる。涙なくしては見られない資料の数々。特攻服ってもっと尊ぶ物なのに…と思ってしまう。「いまどきの若いもんに見せたい」と観光中のおじさんが言ってた。そーだ!そーだ!
知覧武家屋敷 鹿児島 『薩摩の小京都』とパンフレットにあったけど、石垣と庭木が家並みの美しさを増している。散策してると入っていいところもある。国で保存指定されてるらしい。
フラワーパーク
鹿児島
指宿 海と花で気分は超トロピカルゥ。フェニックスなんかも南国情緒たっぷり。色んな植物が見られるよ。バラもいっぱいなのよ。とてもゴージャスな雰囲気で記念写真をパチリ!
稲佐山 長崎 長崎港、長崎市街を一望できるビュースポット。車でも登れるけど、ロープウェイとゴンドラのスカイウェイに乗って上がるのもお薦め。遅くまで運行してるので、夜景も見られるよ。長崎はやっぱ夜景よね。
新地中華街 長崎 中華料理屋さんや雑貨屋さん、食材やさん等集まってる。長崎チャンポンや皿うどんは、どこで食べようか迷ってしまう。「双葉屋」さんって和菓子屋さんがあるんだけど、とても可愛いフルーツ大福がいっぱいなの。苺、栗、杏、チェリー、巨峰、梅、桃等目移りする。その日に渡す事が出来るならお薦めのお土産。
グラバー園
大浦天主堂
長崎 長崎といえば…と言うほど定番観光地。異国情緒たっぷり。色んな洋館や庭園もきれいだが、高台なので港や街も一望できる。市内観光には路面電車が良いかも。1日パスは500円だし、車だと駐車場が少なかったり、細い道や坂道に当たったりするからね。
長崎原爆資料館
平和公園
長崎 1945年8月9日原爆投下された長崎の記録が生々しく見られる。まともにみられない物もある位写真や物が展示されている。これらって作り物じゃなく、現実の記録だから、是非見た方がいいのではないかしら。
宿泊のお宿はやはり旅行の大きなポイント。旅行会社のパンフもマメにチェックするが、
なかなか先の予定を立てられない我が家にとっては、夫婦旅行はつい、行き当たりバッタリとなる。
旅行番組や雑誌が好きなので、情報仕入れると、宿の情報誌には付箋がいっぱい。
でも、人からいいよーと勧められるのもチェックポイントの一つ。
行けるという時に本を片手に決定する。