AmusementMachine
アミューズメント・ゲーム
090-3194-4902( docomo) 〒849−0937
佐賀市鍋島6−8−3
TEL 0952−34−1682
FAX 0952−34−1683
E-mail Click here
マイコンプログラム/マイコン周辺電子回路設計/業務用パチンコ/パチスロゲーム機/各種遊戯機械/販売機

パチスロゲーム機・改造の手引き

はじめに

かつてホールで人気のあったパチスロを、業務用ゲーム機に改造するためのサブ基板をご利用の方のために、取り付け
方法をご案内するサイトです。
初心者の方でもおできになるように、電子工学などの専門知識がなくても、中学校の理科や技術家庭の知識があれば理解
できるように編集されています。

パチスロをゲーム機に改造するには、パチスロ本体を解析して信号を制御するロムを作って、本体に取り付ける方法と、本品
のような外部制御基板を取り付ける方法とがあります。また、外部制御基板でも、あらかじめ、本体側のハーネスに対応した
ハーネスが用意されたワンタッチ取り付けタイプと、信号を探し出して配線していくタイプがあります。

本品の場合、外部制御基板の配線タイプで、改造を完成させるまでに手間がかかりますが、作業の過程でデジタル信号
のやりとりが理解できて、パチスロはどうやって動いているのか・・・といった基本的な概念がご理解いただけます。

改造したパチスロゲーム機はお客様ご自身が新しい息吹をあたえた創造物ですから、万一の故障の際にも、あわてず的確
に対処することができます。こうした技術的な裏づけは、ご自身のオーラーとなってお取引先の信頼を勝ち取ることでしょう。

前置きはこれくらいにして、早速、作業に取り掛かりましょう。ご不明の点は電話サポート(090-3164-4902)でお手伝いさせて
いただきます。


用意するもの

■パチスロ実機  機種は何でもいいのです
■改造用基板   発売以来さまざまな進化を遂げてアムセ技研から好評発売中

アミューズ用・
配線ハーネス一式+点数表示7セグメント付  

■工具類

半田こて 詳細
ハンダ 詳細
ニッパー 詳細
ワイヤーストリッパー 詳細
ドライバー 詳細
半田吸い取り機 詳細
テスター 詳細
結束バンド 詳細
熱収縮チューブ 詳細
チャッカマン 詳細
ハーネステープ 詳細

絶対に改造を成功させるという熱意(これが一番大切かも・・・・)

□作業をはじめるまえに

@パチスロ本体の扉を開けて打ち止め・自動精算のスイッチを無にセットします
Aパチスロの電源を入れて50点分表示されるまでメダルを投入します
B実際にプレーして、小役が揃った際に表示通りの枚数のメダルが払い出されるか確認します

□テスターの使い方
@導通の確認
テスターを抵抗レンジにあわせます。 TkΩ・10kΩなどと表示されているところです
赤と黒のテスト棒を接触させてみると針が動きます
配線がつながっているか確認するときに便利です
A交流電圧の確認
テスターのレンジをACVの振り切り200〜300にあわせます
ここでためしに、赤と黒のテスト棒を100Vのコンセントに差してみましょう
針が100まで振れてとまりましたね
コンセントに電力会社から100Vが供給されていることが確認できました
B直流電圧の確認
テスターのレンジをDCVの振り切り50のところにあわせます
電源BOXの右から4P・10P-1・10P-2・12Pと並んでいます。黒いハウジングに黄色の回線が4本・10本・10本・12本
と入っています

パチスロの電源を入れて、テスト棒をハウジングの隙間に差して電圧を測って見ましょう
テスト棒の赤がプラス。黒がマイナス(0V)です 針が0Vからマイナスに振れる場合は
赤黒逆にして見ましょう これで次のことがわかります

10P-1
0V 0V 0V 0V 0V
5V 5V 5V 5V 5V
10P-2
- - - - -
24V 24V 0V 0V 12V

改造用基板はDC24Vで動いています パチスロの24VにCN1-@(24V)、0VにCN1-B(GND)を
パラレル(並列)でつなぐことになります

Cホッパー信号の確認

電源BOXの下にあるホッパーのハーネスを本体からはずして写真のように信号が確認できるようにしましょう
メダルを取り出してホッパーを空にしておきます
CREDITに50点表示されている状態で精算ボタンを押します
ホッパーが回り始めると同時にテスターが24Vを示すところを見つけます
赤黒のテスト棒を順番にさしてエラーになってモーターが止まったらリセットボタンを押すと再び回りはじめます
このとき、黒がGND=0Vホッパーモーターマイナス、赤が24V=ホッパーモータープラスです
ホッパーハネス8Pのうち、黄色の太い配線がモーターのプラストマイナスだとわかりました


4 3 2 1
8 7 6 5
1:センサー5V
2:GND
3:センサー信号
4:モータープラス
5:センサー5V
6:GND
7:センサー信号
8:モーターマイナス


Cメダル払い出しセンサー信号の確認
黒のテスト棒をGNDにさします
ホッパーにメダルを入れて精算ボタンを押します
メダルの払い出しにあわせて針が振れるところがセンサー信号です 吉宗は2センサーのホッパーですので
センサー信号は2箇所あります
Dメダルセンサー・ブロッカー信号の確認
黒のテスト棒をGNDにさしますメダルを投入したとき針が振れるところがメダルセンサーの信号です
吉宗は2センサーですのでメダルセンサー信号は2箇所あります
4枚前のメダルを入れると返却されますこのとき針が振れるところがブロッカーのプラスです
EMAXBET信号の確認
黒のテスト棒をGNDにさします
MAXBETの信号はCN6を通っています
テスタ棒の赤を順番にあてていって、MAXBETボタンを押したときに針が振れるところを見つけます
ここがMAXBETの信号です
同じような測定方法で精算ボタン信号、台設定信号を調べていきます


    パチンコ・パチスロゲーム機・改造技術講習会   随時開催中
概要:弊社開発のパチンコ・パチスロゲーム機用制御基板を使って実際にゲーム機械を作っていただきます
    弊社工場へお越し下さい
    工具・計測器一式は弊社のものをお使いいただいて結構です
    弊社スタッフとともに一から配線作業を体験していただきます
 .   
    講習費:無料
    詳細は 090−3194−4902  まで、お問い合わせ下さい